【超シンプル+音】高値安値に水平線を引き、ブレイクアウトで音を鳴らすMT4インジケーター


 ↑チャートではブレイク後、すぐに反転。だから逆張りにも使えます(笑)

以前、前日高値、安値に水平線を引く
MT4インジケーターを作成しました。

 [以前の記事] 【超シンプル】前日高値、安値に水平線を引くMT4インジケーター

音が鳴ればもっといいなと
思いましてちょっと改造しました。

 [こんなのもあります] 任意に引いた水平線ブレイクで音が鳴り続けるインジケーター

仕様

新しいローソク足が出現した時に、
前日高値/安値を越えたか
越えていないかを判断しています。

再ブレイクでも音を鳴らします

インジケーターを設置後、
一度ブレイクしたものの、
前日高値/安値の
範囲内に価格が戻り、
再度ブレイクした場合も
アラート&音を出します。

ブレイク地点でレンジに
なった場合は、しばらく
鳴ったり、鳴らなかったりが
続きます(汗)

チャートが5分足なら5分毎、
1h足なら1時間毎に判断されます。

新しいローソク足ができた時に
判断するので、
急激に値が動いた場合、
長い時間足だと前日高値安値から
乖離した状態でアラートがなります。

15分足や5分足など比較的
短い時間足での使用がおすすめです。

それでも場合によっては
かなり乖離しますので、
あくまでも目安として
お使いください。

「期間区切り表示」をチェックする

チャートのプロパティで
「期間区切り表示」をチェックすると
見やすくなると思います。
※チャート上で右クリック>プロパティ>全般タブ

ご自由にお使いください。

ただし下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

お渡しする条件

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

ソースはこちら

 ▶Hi_Low_Indicator_alert.mq4
 ※上記ファイル名または適当なファイル名で保存してご利用ください。
 ※インジケーターの使用方法はこちらを参考にしてみてください(外部サイト)。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

FXの逆張り手法にも使えるMT4インジケーター

直接、WCtakeさんの手法とは
関係ないものの、FXトレードしていて
逆張り手法を使っていたら儲かったな~
なんて思うことは良くありますよね。

結構、ピタリと直近の価格まで
戻ってきたところで反転なんて
チャートは本当に良く遭遇します。

FXに限らずトレードには
たくさんの手法がありますが、
基本の手法は順張りと逆張りの
どちらかという気もします。

一般的に相場にはレンジが多いと
言われています。

そのようなデータから言えば、
順張りよりは逆張り手法の方が
当たる確率が高いと言うことになりますが、
そう簡単にはいかないのも
皆さん、ご存知でしょう(笑)。

毎回同じ通貨で同じタイムフレームで
取引をしていればそうなりそうな
気もしますが、なかなか思うように
ならないもんです。

このブログでは危険な(笑)自作の
MT4用インジケーターを載せていたり
しますが、前日高値安値に自動で
水平線を引くインジケーターがあります。

 ▶前日高値、安値に自動で水平線を引くMT4インジケーター

そのインジケーターを使っていると、
前日高値安値のラインで
反転するという現象をよく見ます。

この記事の一番上の画像がまさに
本日のユーロ円のチャート画像です。
見事に直近高値で反転しました。

もともとこのインジケーターは
レンジブレイクした際に
わかりやすいように
前日高値安値に自動で水平線を引く
という趣旨で作ったものですが、
「逆張り手法」にも使えますね。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

前日高値安値ブレイクでエントリーする時に使えるMT4インジケーター

普段のFX取引をする時に
WCtakeさんの手法にのっとって
メルマガ通りの指示通りに
エントリーするのが基本だと
思いますが、ちょっと自信が
ない時って結構自分の中にあります。

そんな時、前日の高値や安値を
ブレイクしたのをエントリーの
きっかけに使う時があります。

前日高値安値ブレイクって
テクニカルではかなり一般的な
手法なので使っている方も
多いのではないでしょうか。

そんな時に自分が使っているのが
前日高値安値ブレイクを知らせてくれる
MT4用のインジケーター。

MT4のチャート上で前日高値安値に
ラインを引くだけの
ごく単純な動作しかしません。

ただ毎日、監視している通貨ペアの
数だけ、チャートに手動で水平線を
引くのは非常に面倒なので、
多くの通貨をウォッチしている場合は、
結構役に立つかもです(笑)。↓
【超シンプル】前日高値、安値に水平線を引くMT4インジケーター

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

2本の移動平均線が近づくと音を鳴らすMT4アラートインジケーター

トレンドが出ている時、
短期と中期の移動平均線(SMA)が
一旦近づいて次第に離れていく
ケースって結構あると思います。

例のごとく、ずっとチャートを
見続けるのは辛いので、
パソコンでほかの作業を
していても裏のチャートで
移動平均線が接近した時に
音を鳴らして教えてほしい!

ということでインジケーターを
作りました。

5分足や15分足を使っている
場合を想定しています。

ただし、
中期の移動平均線の前後5PIPS(?)の
範囲内に短期の移動平均線が
入った時に音を鳴らし
アラートを表示させるだけ。

方向とか、タイミングとかは
全く見ていません。

ただ2本の移動平均線が近づいたら
「近づいたよ!」と教えてくれる
だけです(笑)。

タイムフレームを5分足にすれば
5分ごとに、15分足にすれば
15分間隔でのお知らせです。
1分足だと、うるさいです(笑)

インジケーターの利用について

 下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

お渡しする条件

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケーターによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

使用方法

※上記インジケーター名をクリックし、表示されたプログラムソースを保存してご利用ください。
※2本の方は短期と中期MAが接近した時、3本の方は短期、中期、長期MAが接近した時にアラートが表示されます。
 「短期」「中期」とは便宜上呼んでいるだけで、MA_Shrink_Alert.mq4を使い設定を変えれば「短期と長期」や「中期と長期」などの組み合わせも出来ます。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

MT4の成行き、一部決済(分割決済)のやり方

すべてのポジションを
閉じてしまったために、
さらに大きく続伸していくのを
指を咥えて見ているしかないという
経験をした方も多いでしょう。

MT4(メタトレーダー4)は
成行きなら現在のポジションを
分割して一部決済ができます。

 ▶指値の場合はこちら

一部は利確して安心した上で
その後の行く末を見守るという
うれしい注文方法です♪

ターミナル上の「取引」タブで通貨ペアを選択


ターミナル上の「取引」タブで
決済したい通貨ペア上の
「決済指値(T/P)」部分
(または決済逆指値(S/L)部分)を
ダブルクリックしてダイアログを開きます。
(「価格」部分など上記以外の部分を
 ダブルクリックすると
 一気に4番まで行けますので便利です)
 一部決済をするならこちらの方法で!

注文種別を成行注文に


注文種別を、
「注文の変更または取消」から
「成行注文」に変更します。
(前項で「価格」部分を
 ダブルクリックした場合は
 すでに「成行注文」になっています)

ロット選択可能になる

決済したい「数量」(ロット)を
選択できるようになっているはずです。
(前々項で「価格」部分を
 ダブルクリックした場合は
 すでに選択できるようになっています)

ロットを選択し決済

希望の「数量」(ロット)を選択し、
一番下の黄色いボタンをクリックすれば
指定した数量(ロット)が成行決済されます。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。