前日高値安値を使ってフィボナッチを引いてくれるMT4インジケーター「yesterdayfibo.mq4」

最近、自分のトレード法として
毎日、前日の高値と安値を使い、
フィボナッチリトレースメントを引いています。

トレンド方向に付くという
王道なトレード手法です。
38.2%に指値を入れて
エントリー出来た場合、
前日高値(あるいは安値)を
越えた(割った)ら、ロスカット。
思惑通りトレンド方向へ進んだら、
そのトレンドが変わるまで
それに付いていきます。

で、ここから本題(笑)。

9つの通貨ペアを監視しているので、
毎日、前日の高値安値で
フィボナッチリトレースメントを
引くのが面倒くさい。

例のごとく、自動でフィボナッチを
引いてくれるインジケーターは
ないものか探していたら、
割りと近いものを見つけたので、ご紹介します。

下記ページにある「yesterdayfibo.mq4」
というインジケーター。
https://www.mql5.com/ja/code/13256

少々、自分が使う分には
余計な表示が多いので、
自分で修正して必要な
フィボナッチだけを表示して使っています。

前日、高値安値を使って
フィボナッチを引いていて
毎日、複数通貨を監視している
人には役に立つと思います。

【超シンプル】当日の高値、安値に自動で水平線を引くMT4インジケーター

最近、スキャルピング手法を
試しています(笑)。

 ▶前日高値、安値に自動で水平線を引くMT4インジケーター
 ▶過去5日間の高値安値にラインを引くタイプはこちら

サポートやレジスタンスに
なりそうな箇所にラインを
良く引きますが、
当日の高値や安値にもラインを
引くことも多いです。

そこで当日の高値、安値だけを
自動で表示するインジケーターを
作りました。

当日の高値、安値が更新されれば、
自動でラインも引き直されます。

当ブログで公開している
インジケーターのラインと見分けが
つくように、太いラインで
引くようにしました。

ソースはこちら↓ ※ご利用は自由ですが自己責任でお願いします。

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                          High_Low_line_today.mq4 |
//+------------------------------------------------------------------+
#property strict
#property indicator_chart_window

extern bool ShowLines=true;
double today_high, today_low;


int init()
  {
//---- indicators
//----
   return(0);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator deinitialization function                       |
//+------------------------------------------------------------------+
int deinit()
  {
//----
ObjectDelete("Today Low line");   
ObjectDelete("Today High line");      
//----
   return(0);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int start()
  {

//----
today_high=iHigh(NULL, PERIOD_D1,0); 
today_low=iLow(NULL, PERIOD_D1,0);     

if (ShowLines==true && Period() < PERIOD_W1) {  
ObjectDelete("Today Low line");
ObjectCreate("Today Low line",OBJ_HLINE, 0, Time[0], today_low);
ObjectSet("Today Low line", OBJPROP_STYLE, STYLE_SOLID);
ObjectSet("Today Low line", OBJPROP_COLOR, Yellow);
ObjectSet("Today Low line", OBJPROP_WIDTH, 2);

ObjectDelete("Today High line");
ObjectCreate("Today High line",OBJ_HLINE, 0, Time[0], today_high);
ObjectSet("Today High line", OBJPROP_STYLE, STYLE_SOLID);
ObjectSet("Today High line", OBJPROP_COLOR, Yellow);      
ObjectSet("Today High line", OBJPROP_WIDTH, 2);
}   
//----
   return(0);
  }
//+------------------------------------------------------------------+

MT4用のMACDを使用したアラートインジケーター

MACDは人気のテクニカル指標なので
FXのトレードに使っている方も多いと思います。

自分も最近よくMACDを使っているのですが、
やはりエントリータイミングに来たら
教えてほしいと思い、
MT4用のインジケーターを作りました。

音がなるタイミング(エントリータイミング)は
以下の2点が同時に満たされた時。

<買いエントリー>

  1. 5分足のMACDがゴールデンクロス
  2. 60分足でシグナル値よりもMACD値が大きい

<売りエントリー>

  1. 5分足のMACDがデッドクロス
  2. 60分足でシグナル値よりもMACD値が小さい

つまり5分足と60分足の両方とも
同じ方向にサインが出ている時です。

自分は5分足でエントリーの
タイミングを取るので、
上記条件でもそれぞれ1.が
エントリーのタイミングで、
2.でフィルターを掛けている感じです。

またゼロラインより上か下か、や
ダーバージェンスが発生したかしていないか等は見ていません。
自分の経験上、あまり関係ないような気がするので(笑)。

MT4インジケーターでアラート時、音を鳴らさない方法

MT4でFXのトレードをしながら
インジケーターのアラート音は
鳴らしたくない。
そんな時があります。
PCで動画を見ている時とか、
何かに集中したいから一時的に、とか。

特にこのブログではアラート系の
インジケーターが多いので、
音が鳴る場合が多いのですが、
それが逆に煩わしい時もある(笑)

自分は結構PCでドラマを見ている時が
あり、突然アラート音が鳴って、
びっくりする時があります。
感動シーンだったりすると興覚めです(泣)

特にイヤホンで聞いている時。

ドラマのセリフを聴くために
いつもより音量を上げている時が
多く、アラート音も大きい。

簡単にアラート音を消せるように
インジケーターを改良しようと
思ったのですが、面倒くさい…。

簡単に音を消す方法はないものかと
調べていたら、ありました。


「ツール」>「オプション」>「音声設定」


この中の「Alert」部分を
ダブルクリックしアイコンに「×」が
つけばインジケーターの音が
鳴らなくなります。

注意しなけらばならないのは
元に戻すのを忘れてしまうことと、
すべてのアラート音が鳴らなくなること。
特定のアラート音のみ消すには
個々のインジケーターでの設定が必要です。

MT4インジケーターが動かない、表示されない、見つからない時のトラブルシューティング

インジケーターが表示されない
というお問い合わせがたまにあります。

以下、2つのケースです。

1)インジケーター名がMT4の
ナビゲーターに表示されない場合。

2)当ブログではチャート上に
テキストや数値、ライン等を
表示させるインジケーターが多いので、
それがチャート上に表示されない場合。

上記2つのケースのトラブル
シューティングを下記に記載します。
該当する場合は参考にしてみてください。

インジケーター名がMT4のナビゲーターに表示されない場合

以下を参考にしてみてください。

ダウンロードしたファイルは拡張子がmq4になっていますか?

正しく入れたはずなのに表示されない場合は
これがもっとも可能性が高いかもしれません。

特にインジケーターをダウンロードした
ブラウザがIEまたはEdgeの場合。
ブラウザの仕様なのかダウンロードすると
htmlファイルになってしまいます。

もしダウンロードしたファイルの拡張子が
htmlになっているならば
mq4にファイルの拡張子を変更してください。
それで正しく動作するはずです。

更新あるいはMT4の再起動をしましたか?

これも「あるある」ですね。
インジケーターをセットしたらナビゲーター上の
「インディケータ」部分を右クリックして
「更新」するか、MT4を再起動しましょう。

インジケータのフォルダに入ってますか?

MT4画面の「ファイル」メニューの中にある
「データフォルダを開く」をクリック。
すると「MQL4」フォルダがあり、
その中の「Indicators」フォルダが
正しい配置場所です。

間違って違うフォルダに
入れていないか確認してみてください。

インジケータリストの正しい場所を見てますか?

あまり間違えようがないと思いますが
「インディケータ」ではない
箇所を見ていたり、
階層状になっているため、
違う階層を見ている可能性もあります。

MT4を使っていますか?

これまたあまりないと思いますが
MT5を使っている場合。

当ブログのインジケーターは
ほとんどがMT4用なので、MT5ではリストに
表示もされず、もちろん動作もしません。
(MT5用もあるにはあるのでご注意を)

OSはWindowsですか?

Macのエミュレーター上で動作しているMT4、
あるいはMac用のMT4(ってあるの?)で
使えるのかどうか、
残念ながら私にはわかりません。

どうしてもMT4を使いたいなら
Windowsパソコンをおすすめします。

チャート上にテキストや数値、ライン等が表示されない場合

こちら↓に詳しく書いてありますので参考にしてみてください。
MT4にインストールしたインジケーターが使えない

以上、インジケーターのトラブルシューティングでした。