チャートに騙されてる?水平線をグリッド風に表示するMT4インジケーター

最近、XMtradingのセミナーを
よく拝見させていただいています。

その中でチャートの
スケール(価格の目盛り)を
「自動縮尺」にしていると、
チャート上に表示されている値幅によって
スケール(チャートの縦幅)が
拡大または縮小するために
感覚的に価格変動を見誤るので
気を付けた方が良いという話がありました。

MT4のチャートではスケールが
デフォルトで自動になっているので
注意が必要ですね。

MT4に表示されている
グリッド(Grid)の間隔は
チャートを動かしても変わりません。

グリッドの幅が常に一定の為、
チャートに表示されている期間の
ボラティリティが小さいと、
ちょっとレートが動いただけで、
大きく動いたと勘違いしやすいわけです。

レートが大きく動いた!といった感じで
エントリーすると、実際はチャートの表示が
そう見させているだけである場合が
あるので注意しましょう、
と言うお話でした。

もちろんチャート上で表示されている
50pips幅は通貨によっても違います。
50pips間隔でチャートに水平線を引いてみると、
表示させている通貨の違いによって
同じはずの50pipsでも
幅が違うのがよくわかります。

そこで、MT4標準のグリッド表示は消し(これは手動)、
水平線を指定したpips幅で
一括で表示するインジケーターを作りました。
縦のラインは入らないので正確には
グリッドではありませんが(笑)。
早い話、水平線を一度に50pips間隔で
41本引くインジケーターです(笑)。

指定した価格を基準として
上下に50pips幅(変更可)で
20本ずつ水平線を引きます。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

【MT4】水平線ブレイク時に音が鳴り続けるインジケーター(笑)

当ブログでは条件を満たす時に
音を鳴らす(アラート)インジケーターを
いくつか紹介しています。

自分で使っていると
一回だけ音が鳴っても気付かない時とか、
何かほかに気を取られていて
忘れてしまう時ってよくあります。
「あー、そういえばさっき鳴ってたかも…」
なんてことが。

複数のブローカーのMT4を起動し
それぞれ違うインジケーターを
使っているようなケースも多いので、
だんだん音が鳴ることに慣れてしまい、
音が鳴っても結局放置…。

そんな時に限って、
大きなトレンドの入り口だったりして
あとで後悔することもよくあります。

そんなこともあって、条件を満たす間
ずっと音が鳴っている
(正確には条件を満たしたレートが
 更新されている間)
インジケーターを作りました。

任意の水平線を引き、その水平線を
ブレイクしたら価格が戻らない間、
自分が止めない限り
ずっと音が鳴り続けます(笑)。
アラートダイアログもめっちゃ更新されます。

※下記動画は40秒付近で5~6秒間、音が鳴り続けますので音量に注意!

メリットは嫌でも止めに行かないと
いけないので、チャンスを逃すことが
減ります。

デメリットは自分が止めない限り
条件を満たしている間は
ずっと鳴り続けるということです(笑)。

設定したまま、お風呂とかに入ってしまい、
条件が満たされると、馬鹿みたいに
鳴り続けるので、近くの人は大迷惑。
ホント、シャレになりません(汗)。

止め方は、ブレイクした水平線を
ブレイク前の位置に動かすだけなのですが、
ずっと音が鳴っていると慣れるまでは
結構、慌てます(笑)。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

レジサポライン(サポレジライン)に使えそうなMT4用インジケーター

レジサポライン(サポレジライン)に使えそうなMT4用インジケーター

1日前(前日)~5日前と
1週間前~5週間前の
高値、安値にライン(水平線)を
自動で引くインジケーターです。

  • 1日の高値安値で2本×5日分=10本
  • 1週間の高値安値で2本×5週間分=10本

のすべてで合計20本の
ラインを引きます。

ラインの上にマウスポインターを
乗せれば、何の線かわかります。

ラインの色、種類は
下記の通りとなっています。

  • 1日前/1週間前:Yellow
  • 2日前/2週間前:Aqua
  • 3日前/3週間前:White
  • 4日前/4週間前:Lime
  • 5日前/5週間前:Pink
  • 実線/一点鎖線:高値
  • 破線/点線:安値

インジケーターの使い方

インジケーターを設置すると、
水平線が何本か重なっているところや
何本かがごく近くにあるところが
見てとれます。
冒頭のチャートの黄色い○部分。

こういった価格帯が
意識されているラインと想定でき、
レジスタンスラインやサポートラインと
成りうるポイントです。

このライン付近に自分で
分かりやすいような色のラインを
引いて、最後にインジケーターを
削除すれば、自分の引いた
ラインのみ残るので、
すっきりしたチャートになります。

↓冒頭のチャートの○部分にだけ自分で線を引く

上記チャートの帯の部分(105.355付近)は
MT4の挿入>図形>長方形
で表示しています。

もちろん、インジケーターを
そのまま残して使用してもOK。
チャートがラインだらけですが(笑)。

このインジケーターを使う時の注意点

上記の通り、このインジケーターは
日足、週足の高値と安値に
ラインを引いていますので、
日中や週中にできた
何度も反発する価格などの
ラインは抽出できません。

またこのインジケーターは日足より
大きい期間では表示できません。

ご自由にお使いください。

ただし下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

 ▶当ブログで配布中のその他のインジケーター一覧

お渡しする条件

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

ソースはこちら

下記ファイル名で保存してご利用ください(お好きな名前でも大丈夫です)。
High_Low_line_rs.mq4

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

【無料/シンプル】過去5日間の高値安値ラインを自動で引くMT4用インジケーター

MT4用過去5日間の高値安値を引くインジケーター

1日前(前日)~5日前までの
高値、安値にラインを引く
インジケーターです。
※MT4の「水平線」ではなく「トレンドライン」を使用しています。

インジケーターの特徴

1日前の高値安値ラインは、
それ以前(チャートの左側)には
表示しません。
同様に3日前の高値安値ラインは、
それ以前(チャートの左側)には
表示しません。

インジケーターの使い方

使い方は自由です(笑)。

ラインが重なっているところが
意識されているラインと想像できます。
冒頭のユーロドルのチャートでは
中央付近にラインが重なっている
個所が2か所見てとれます。

 ▶レジサポライン(サポレジライン)に使えそうなMT4用インジケーター

下図のポンド円では中央付近に
3本のラインが重なっています。

「期間区切り表示」をチェック
すると見やすいと思います。

右端に何日前のラインか
数字を表示しようと思ったのですが、
文字同士やラインが重なると
見にくいのでやめました。

ライン上にカーソルを持っていくと
図のように何日前のラインかが分かります。

少々面倒ですがこの方法で
何日前のラインなのかご判断ください。
ラインの長さでも判断できます。

記憶力の良い方は下記に示す
ラインの色で覚えてください(笑)。

1日前:Yellow
2日前:Aqua
3日前:White
4日前:Lime
5日前:Pink

実線:高値
破線:安値
※すべての画像は作成途中のものです。

特記事項

インジケーターのラインには
MT4の「トレンドライン」を
「水平」に引いて使用しています。

MT4の「水平線」を引くと
チャートの端から端まで
引かれてしまうのと、
ラインの価格に背景色が
塗られて見にくいためです。
と言うか、このインジケーターの
仕様にするには
トレンドラインでないと
出来なかった為(笑)。

あえてそれを使いたい方は、
下記の水平線使用バージョン
ご使用ください。

またこのインジケーターは日足より
大きい期間では表示できません。

ご自由にお使いください。

ただし下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

 ▶当ブログで配布中のその他のインジケーター一覧

お渡しする条件

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

ソースはこちら

それぞれ下記ファイル名で保存してご利用ください(お好きな名前でも大丈夫です)。

標準(トレンドライン使用バージョン)

High_Low_line5.mq4

水平線使用バージョン

High_Low_line5All.mq4

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

【無料/音なります】MT4用RSIアラートインジケーター

MT4用RSIアラートインジケーター

今更ですが(笑)、RSI版です。

 ▶RCI用はこちら

音がなるRSIのインジケーターを求めて
訪れる方が多いようですので、
いまさらですが、作りました。

ちなみにダーバージェンスでのアラートは
実装していませんのであしからず(笑)

RSIの値が設定値を上回るか、下回ったら
アラートを表示(音がなる)する仕様です。

RSIアラートインジケーター設置時の状態

RSIアラートインジケーターをチャートに
適用するとチャートの左上に下図のような
表示が出ます(デフォルトでは表示まで1分かかります)。

(1) RSIの設定期間(デフォルトは14日)
(2) RSIのアラート判断を行うインターバル時間(デフォルトは60秒=1分間隔で判断します)
(3) 設定したRSI値を越えるとアラートがなります(デフォルトは上が70、下が30)

※上記設定値はいずれも変更可能です。

アラートが表示された時(音がなった時)の
アラート画面。

(4) 上のレベル値を上回った場合の表示(下を下回った場合は「UNDER」)
(5) タイムフレーム(図は5分足チャート。1H足なら「TF(60)」)
(6) アラートを表示した時のRSI値

RSIアラートインジケーターの各パラメーター変更箇所

インジケーターを設置すると
パラメーターが設定できますので、
お好みに合わせて変更してください。

(1) RSI_Period:RSIの期間(デフォルトは14日)
(2) Time_interval:アラートを判断する間隔(デフォルトは60秒)
(3) revel_up:上レベル/revel_low:下レベル(デフォルトは上が70、下が30)
 ※(3)を変更した場合は合わせて「RSI.mq4」のレベル表示も変更することをおすすめします。
  下図は上を80、下を20に変更した例。

※↓RSIアラートではなく、RSI.mq4の設定パネルです。

RSIアラートインジケーターの動作チェック方法

RSIアラートインジケーターを設置した時、
正しく設定されているかをチェックする方法です。

  1. いろいろな通貨ペアのチャートを確認し、RSI値が70か30付近になっているものを見つける。またはタイムフレームをいろいろ変えて見つける。見つからない場合は、RSI値が60か40付近のものを見つけ、RSIアラートのレベルの設定も上60、下40に合わせて変更する(上図中の赤丸(3))。
  2. インターバルを15や30など短く設定する(上図中の赤丸(2)/数値は秒数)。
  3. インターバル時間経過後、設定値を超えアラートが表示されて音がなれば動作確認完了。
  4. 各パラメータを自分の好きな設定値に変更してご使用ください。

インジケーターの利用について

 下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。
 

お渡しする条件

 

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

 以上に同意の上、ご使用ください。

 

使用方法

 動作させるにはMT4にデフォルトで入っているRSI.mq4と
 下記でお渡ししているRSI-Alert.mq4が必要です。

 RSI-Alert.mq4
 ※表示されたプログラムソースを「RSI-Alert.mq4」という名で保存してご利用ください。

 RSIを使用したいチャートで動作させた上で、
 RSI-Alert.mql4も動作させてください。

 ※当ブログではインジケーターの設定方法等はお教えしておりません。
  ネットで調べればいくらでも出てくるので自力で頑張ってください。
  こちらなどをどうぞ。

RSIアラートインジケーターを使用する際の注意点

RCIアラートインジケーター同様、
セキュリティとか一切考慮していないので、
何かあったら困る人は使わないでください(笑)

チャートに適用した時から
インジケーターが作動するので、
同じインターバルに設定しても
アラートがなる時間は
チャート毎に異なります。

タイムフレームの変更や
通貨ペアを変更すると
設定値は変わりませんが、
カウントは最初からに
戻ります(一時的に表示が消えます)。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。