前日高値安値ブレイクでエントリーする時に使えるMT4インジケーター

普段のFX取引をする時に
WCtakeさんの手法にのっとって
メルマガ通りの指示通りに
エントリーするのが基本だと
思いますが、ちょっと自信が
ない時って結構自分の中にあります。

そんな時、前日の高値や安値を
ブレイクしたのをエントリーの
きっかけに使う時があります。

前日高値安値ブレイクって
テクニカルではかなり一般的な
手法なので使っている方も
多いのではないでしょうか。

そんな時に自分が使っているのが
前日高値安値ブレイクを知らせてくれる
MT4用のインジケーター。

MT4のチャート上で前日高値安値に
ラインを引くだけの
ごく単純な動作しかしません。

ただ毎日、監視している通貨ペアの
数だけ、チャートに手動で水平線を
引くのは非常に面倒なので、
多くの通貨をウォッチしている場合は、
結構役に立つかもです(笑)。↓
【超シンプル】前日高値、安値に水平線を引くMT4インジケーター

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

2本の移動平均線が近づくと音を鳴らすMT4アラートインジケーター

トレンドが出ている時、
短期と中期の移動平均線(SMA)が
一旦近づいて次第に離れていく
ケースって結構あると思います。

例のごとく、ずっとチャートを
見続けるのは辛いので、
パソコンでほかの作業を
していても裏のチャートで
移動平均線が接近した時に
音を鳴らして教えてほしい!

ということでインジケーターを
作りました。

5分足や15分足を使っている
場合を想定しています。

ただし、
中期の移動平均線の前後5PIPS(?)の
範囲内に短期の移動平均線が
入った時に音を鳴らし
アラートを表示させるだけ。

方向とか、タイミングとかは
全く見ていません。

ただ2本の移動平均線が近づいたら
「近づいたよ!」と教えてくれる
だけです(笑)。

タイムフレームを5分足にすれば
5分ごとに、15分足にすれば
15分間隔でのお知らせです。
1分足だと、うるさいです(笑)

インジケーターの利用について

 下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

お渡しする条件

  • ダウンロードしたインジケーターによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

使用方法

※上記インジケーター名をクリックし、表示されたプログラムソースを保存してご利用ください。
※2本の方は短期と中期MAが接近した時、3本の方は短期、中期、長期MAが接近した時にアラートが表示されます。
 「短期」「中期」とは便宜上呼んでいるだけで、MA_Shrink_Alert.mq4を使い設定を変えれば「短期と長期」や「中期と長期」などの組み合わせも出来ます。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

MT4の成行き、一部決済(分割決済)のやり方

すべてのポジションを
閉じてしまったために、
さらに大きく続伸していくのを
指を咥えて見ているしかないという
経験をした方も多いでしょう。

MT4(メタトレーダー4)は
成行きなら現在のポジションを
分割して一部決済ができます。

一部は利確して安心した上で
その後の行く末を見守るという
うれしい注文方法です♪

 ▶指値注文の一部決済(分割決済)はこちら

ターミナル上の「取引」タブで通貨ペアを選択


ターミナル上の「取引」タブで
決済したい通貨ペア上の
「決済指値(T/P)」部分
(または決済逆指値(S/L)部分)を
ダブルクリックしてダイアログを開きます。
(「価格」部分など上記以外の部分を
 ダブルクリックすると
 一気に4番まで行けますので便利です)
 一部決済をするならこちらの方法で!

注文種別を成行注文に


注文種別を、
「注文の変更または取消」から
「成行注文」に変更します。
(前項で「価格」部分を
 ダブルクリックした場合は
 すでに「成行注文」になっています)

ロット選択可能になる

決済したい「数量」(ロット)を
選択できるようになっているはずです。
(前々項で「価格」部分を
 ダブルクリックした場合は
 すでに選択できるようになっています)

ロットを選択し決済

希望の「数量」(ロット)を選択し、
一番下の黄色いボタンをクリックすれば
指定した数量(ロット)が成行決済されます。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

MT4インジケーター「Trade History Plot」過去のトレード結果を表示するとき、履歴の期間に注意。


普段、チャート上に過去のトレードを
表示・視覚化できるMT4インジケーター
「Trade History Plot」を入れて
いるんですが、今日、
過去のトレードが表示されていない
ことに気付きました。

おかしいなと思い、自分の操作を
振り返ってみたところ、
トレード履歴(口座履歴)を
「1か月」に指定したことを思い出し、
「3ヶ月」に変更したところ、
直近のすべてのトレード履歴が
チャート上に表示されました。

※履歴の期間を変えるだけでは
 チャート上の表示は変わらないようです。
 履歴の期間を変えた後、
 タイムフレームを変更したり、
 チャートをスクロールしたりすると
 チャート上の表示が変更されるみたいです。
 でもそのタイミングは一様でない
 ようで、よくわかりません(汗)

ということは、特定の期間だけ、
特定の日にちだけを表示させる
事もできるということですね。

でもあまり使いみちはないかな(笑)

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

【超シンプル】前日高値、安値に水平線を引くMT4インジケーター

「前日高値を超えたら」あるいは
「前日安値を割ったら」エントリーする
というトレードをしている方も
多いと思います。

自分もWCtakeさんのトレードのほかに
この方法をきっかけにエントリー
しているのですが、
わかりやすいように
MT4で前日の高値と安値に
手動で水平線を引いています。

毎日の作業なので意外と面倒です。

監視している通貨が9通貨あり
デモとリアルの両口座で
トレードしているので
毎日何十本もラインを
引き直さねばなりません。

インジケーターがあれば
チャートに設定しておけば
勝手に引いてくれるので
便利だと思い、例のごとく(?)
調べてみましたが、
自分が欲しいものが見つからない。

高値安値を引くインジケーターは
たくさんあるのだけれど、
どうも自分のイメージしたものって
なかなか見つからない。

たぶん、どこかにあると思うけど、
ネット上でイメージに合うのを
探すのは意外と面倒。

わざわざダウンロードして
設置してみて、あ、これじゃない…
次を試して、あ、これも違う…
そんなことを見つかるまで
延々やらないといけないのは辛い。

で。またまた作ってみました。

イメージに近い
既存のインジケーターの
ソースをベースに改造。

本当に単純で、前日の
高値と安値に水平線を引くだけ。

ご自由にお使いください。

ただし下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

お渡しする条件

  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

ソースはこちら

High_Low_line.mq4
※適当なファイル名で保存してご利用ください。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ