【MT4】水平線ブレイク時に音が鳴り続けるインジケーター(笑)

当ブログでは条件を満たす時に
音を鳴らす(アラート)インジケーターを
いくつか紹介しています。

自分で使っていると
一回だけ音が鳴っても気付かない時とか、
何かほかに気を取られていて
忘れてしまう時ってよくあります。
「あー、そういえばさっき鳴ってたかも…」
なんてことが。

複数のブローカーのMT4を起動し
それぞれ違うインジケーターを
使っているようなケースも多いので、
だんだん音が鳴ることに慣れてしまい、
音が鳴っても結局放置…。

そんな時に限って、
大きなトレンドの入り口だったりして
あとで後悔することもよくあります。

そんなこともあって、条件を満たす間
ずっと音が鳴っている
(正確には条件を満たしたレートが
 更新されている間)
インジケーターを作りました。

任意の水平線を引き、その水平線を
ブレイクしたら価格が戻らない間、
自分が止めない限り
ずっと音が鳴り続けます(笑)。
アラートダイアログもめっちゃ更新されます。

※下記動画は40秒付近で5~6秒間、音が鳴り続けますので音量に注意!

メリットは嫌でも止めに行かないと
いけないので、チャンスを逃すことが
減ります。

デメリットは自分が止めない限り
条件を満たしている間は
ずっと鳴り続けるということです(笑)。

設定したまま、お風呂とかに入ってしまい、
条件が満たされると、馬鹿みたいに
鳴り続けるので、近くの人は大迷惑。
ホント、シャレになりません(汗)。

止め方は、ブレイクした水平線を
ブレイク地点から離れた価格
(ブレイク後の方向へ)に動かすだけなのですが、
ずっと音が鳴っていると慣れるまでは
結構、慌てます(笑)。

ご自由にお使いください。

ただし下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

 ▶当ブログで配布中のその他のインジケーター一覧

お渡しする条件

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

使い方

音を鳴らしたい価格に水平線を引きます。

水平線の名前を、通常は「Horizontal Line 4779」
のように、任意の数字となっていますが、
数字の部分を現在価格より高い価格の水平線は「H」
Horizontal Line H
現在価格より低い価格の水平線は「L」
Horizontal Line L
に変更してください。

アラート音の止め方

音の止め方は、高値をブレイクした場合は、
水平線を現在価格よりずっと高い位置に、
安値をブレイクした場合は
水平線を現在価格よりずっと低い位置に、
移動してください。

上記の動画を参考にしてください。

ソースはこちら

下記ファイルを保存してご利用ください(お好きな名前でも大丈夫です)。
line_over_alert.mq4

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

【無料/音なります】MT4用RSIアラートインジケーター

MT4用RSIアラートインジケーター

今更ですが(笑)、RSI版です。

 ▶RCI用はこちら

音がなるRSIのインジケーターを求めて
訪れる方が多いようですので、
いまさらですが、作りました。

ちなみにダーバージェンスでのアラートは
実装していませんのであしからず(笑)

RSIの値が設定値を上回るか、下回ったら
アラートを表示(音がなる)する仕様です。

RSIアラートインジケーター設置時の状態

RSIアラートインジケーターをチャートに
適用するとチャートの左上に下図のような
表示が出ます(デフォルトでは表示まで1分かかります)。

(1) RSIの設定期間(デフォルトは14日)
(2) RSIのアラート判断を行うインターバル時間(デフォルトは60秒=1分間隔で判断します)
(3) 設定したRSI値を越えるとアラートがなります(デフォルトは上が70、下が30)

※上記設定値はいずれも変更可能です。

アラートが表示された時(音がなった時)の
アラート画面。

(4) 上のレベル値を上回った場合の表示(下を下回った場合は「UNDER」)
(5) タイムフレーム(図は5分足チャート。1H足なら「TF(60)」)
(6) アラートを表示した時のRSI値

RSIアラートインジケーターの各パラメーター変更箇所

インジケーターを設置すると
パラメーターが設定できますので、
お好みに合わせて変更してください。

(1) RSI_Period:RSIの期間(デフォルトは14日)
(2) Time_interval:アラートを判断する間隔(デフォルトは60秒)
(3) revel_up:上レベル/revel_low:下レベル(デフォルトは上が70、下が30)
 ※(3)を変更した場合は合わせて「RSI.mq4」のレベル表示も変更することをおすすめします。
  下図は上を80、下を20に変更した例。

※↓RSIアラートではなく、RSI.mq4の設定パネルです。

RSIアラートインジケーターの動作チェック方法

RSIアラートインジケーターを設置した時、
正しく設定されているかをチェックする方法です。

  1. いろいろな通貨ペアのチャートを確認し、RSI値が70か30付近になっているものを見つける。またはタイムフレームをいろいろ変えて見つける。見つからない場合は、RSI値が60か40付近のものを見つけ、RSIアラートのレベルの設定も上60、下40に合わせて変更する(上図中の赤丸(3))。
  2. インターバルを15や30など短く設定する(上図中の赤丸(2)/数値は秒数)。
  3. インターバル時間経過後、設定値を超えアラートが表示されて音がなれば動作確認完了。
  4. 各パラメータを自分の好きな設定値に変更してご使用ください。

インジケーターの利用について

 下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。
 

お渡しする条件

 

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

 以上に同意の上、ご使用ください。

 

使用方法

 動作させるにはMT4にデフォルトで入っているRSI.mq4と
 下記でお渡ししているRSI-Alert.mq4が必要です。

 RSI-Alert.mq4
 ※表示されたプログラムソースを「RSI-Alert.mq4」という名で保存してご利用ください。

 RSIを使用したいチャートで動作させた上で、
 RSI-Alert.mql4も動作させてください。

 ※当ブログではインジケーターの設定方法等はお教えしておりません。
  ネットで調べればいくらでも出てくるので自力で頑張ってください。
  こちらなどをどうぞ。

RSIアラートインジケーターを使用する際の注意点

RCIアラートインジケーター同様、
セキュリティとか一切考慮していないので、
何かあったら困る人は使わないでください(笑)

チャートに適用した時から
インジケーターが作動するので、
同じインターバルに設定しても
アラートがなる時間は
チャート毎に異なります。

タイムフレームの変更や
通貨ペアを変更すると
設定値は変わりませんが、
カウントは最初からに
戻ります(一時的に表示が消えます)。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

【超シンプル+音】高値安値に水平線を引き、ブレイクアウトで音を鳴らすMT4インジケーター


 ↑チャートではブレイク後、すぐに反転。だから逆張りにも使えます(笑)

以前、前日高値、安値に水平線を引く
MT4インジケーターを作成しました。

 [以前の記事] 【超シンプル】前日高値、安値に水平線を引くMT4インジケーター

音が鳴ればもっといいなと
思いましてちょっと改造しました。

 [こんなのもあります] 任意に引いた水平線ブレイクで音が鳴り続けるインジケーター

仕様

新しいローソク足が出現した時に、
前日高値/安値を越えたか
越えていないかを判断しています。

再ブレイクでも音を鳴らします

インジケーターを設置後、
一度ブレイクしたものの、
前日高値/安値の
範囲内に価格が戻り、
再度ブレイクした場合も
アラート&音を出します。

ブレイク地点でレンジに
なった場合は、しばらく
鳴ったり、鳴らなかったりが
続きます(汗)

チャートが5分足なら5分毎、
1h足なら1時間毎に判断されます。

新しいローソク足ができた時に
判断するので、
急激に値が動いた場合、
長い時間足だと前日高値安値から
乖離した状態でアラートがなります。

15分足や5分足など比較的
短い時間足での使用がおすすめです。

それでも場合によっては
かなり乖離しますので、
あくまでも目安として
お使いください。

「期間区切り表示」をチェックする

チャートのプロパティで
「期間区切り表示」をチェックすると
見やすくなると思います。
※チャート上で右クリック>プロパティ>全般タブ

ご自由にお使いください。

ただし下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

お渡しする条件

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

ソースはこちら

 ▶Hi_Low_Indicator_alert.mq4
 ※上記ファイル名または適当なファイル名で保存してご利用ください。
 ※インジケーターの使用方法はこちらを参考にしてみてください(外部サイト)。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

2本の移動平均線が近づくと音を鳴らすMT4アラートインジケーター

トレンドが出ている時、
短期と中期の移動平均線(SMA)が
一旦近づいて次第に離れていく
ケースって結構あると思います。

例のごとく、ずっとチャートを
見続けるのは辛いので、
パソコンでほかの作業を
していても裏のチャートで
移動平均線が接近した時に
音を鳴らして教えてほしい!

ということでインジケーターを
作りました。

5分足や15分足を使っている
場合を想定しています。

ただし、
中期の移動平均線の前後5PIPS(?)の
範囲内に短期の移動平均線が
入った時に音を鳴らし
アラートを表示させるだけ。

方向とか、タイミングとかは
全く見ていません。

ただ2本の移動平均線が近づいたら
「近づいたよ!」と教えてくれる
だけです(笑)。

タイムフレームを5分足にすれば
5分ごとに、15分足にすれば
15分間隔でのお知らせです。
1分足だと、うるさいです(笑)

インジケーターの利用について

 下記<お渡しする条件>に同意される方のみ使用可能です。

お渡しする条件

  • このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。
  • ダウンロードしたインジケーターによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
  • インジケーターの使用方法やプログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

以上に同意の上、ご使用ください。

使用方法

※上記インジケーター名をクリックし、表示されたプログラムソースを保存してご利用ください。
※2本の方は短期と中期MAが接近した時、3本の方は短期、中期、長期MAが接近した時にアラートが表示されます。
 「短期」「中期」とは便宜上呼んでいるだけで、MA_Shrink_Alert.mq4を使い設定を変えれば「短期と長期」や「中期と長期」などの組み合わせも出来ます。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

MT4で指値の約定時に音を鳴らすインジケーター

最近は、WCtakeさんの公式記録が
発表されたときだけの投稿になってしまい…。
自分の恥を晒すだけのブログと
なっております(泣)。

最近はデイトレードに近い事もやっていて、
WCtakeさんの手法とは完全に
離れてしまっていますが、
WCtakeさんのトレード方法も
それはそれで役に立っています。
裏で…(笑)。

さて、本題。
最近デイトレードをしていて
思ったのは、指値注文して
約定した時に音がならないものか、と。

何となく当たり前の機能のようで
調べてみたけれど、やっぱり
MT4は指値の約定時に音はならない。

ずっとチャートの画面を見続けるのは
難しいので、画面の裏にチャートが
隠れても約定時に音がなれば便利だし、
いちいち5分おきにタイマーかけて
気にしたりする必要もないなと。

Sound when pending order is hit? @ Forex Factory
ページ中程の「ForexQuant」にある

  • Entry&ExitSoundAlert.mq4
  • sounds.zip

で、音がなるようになりました。

逆指値にかかった時の音が泣かせる(笑)

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。