※当ブログのご利用はGoogle Chromeブラウザをおすすめします。

2020年6月のWCtakeさん公式記録&自分の結果

新型コロナ、終息しそうだと
思っていたら、なかなか手強いですね…。

さて本日発表された2020年6月の
WCtakeさんのメルマガ公式記録は、

・無料情報:0pips
・特別会員情報:+140pips

という報告でした。

自分の成績は、
XM(デモ) 0pips
取引なしでした。

ワンタイムFXライト
の方ですが、6月の公式結果は
-143pipsだったようです。
もはやお金を払ってまで教えてもらう
トレード手法ではないですね…。

さて自分の手法ですが、
6月は5月分の利益を吹き飛ばしました。
-807.7pips(デモ)。

コツコツ負けが嵩んでこの結果。
ひとつひとつのトレードで
大きな負けがないのは良いが、
さすがに負けが積み重なると
目も当てられない(笑)。

グラフを見ると一目瞭然。
ずっと右肩下がり…。

さて7月はどうなるか。

前日高値安値を使ってフィボナッチを引いてくれるMT4インジケーター「yesterdayfibo.mq4」

最近、自分のトレード法として
毎日、前日の高値と安値を使い、
フィボナッチリトレースメントを引いています。

トレンド方向に付くという
王道なトレード手法です。
38.2%に指値を入れて
エントリー出来た場合、
前日高値(あるいは安値)を
越えた(割った)ら、ロスカット。
思惑通りトレンド方向へ進んだら、
そのトレンドが変わるまで
それに付いていきます。

で、ここから本題(笑)。

9つの通貨ペアを監視しているので、
毎日、前日の高値安値で
フィボナッチリトレースメントを
引くのが面倒くさい。

例のごとく、自動でフィボナッチを
引いてくれるインジケーターは
ないものか探していたら、
割りと近いものを見つけたので、ご紹介します。

下記ページにある「yesterdayfibo.mq4」
というインジケーター。
https://www.mql5.com/ja/code/13256

少々、自分が使う分には
余計な表示が多いので、
自分で修正して必要な
フィボナッチだけを表示して使っています。

前日、高値安値を使って
フィボナッチを引いていて
毎日、複数通貨を監視している
人には役に立つと思います。

2020年5月のWCtakeさん公式記録&自分の結果

新型コロナ、終息しつつ
あるようですが
東京や九州でまた感染者が
増えつつありますね。
まだまだ気を抜けない状況です。

さて先日発表された2020年5月の
WCtakeさんのメルマガ公式記録は、

・無料情報:-40pips
・特別会員情報:+80pips

という報告でした。

さて自分の成績は、
XM(デモ) +49.4pips
でした。

ワンタイムFXライト
の方ですが、5月の公式結果は
-45pipsだったようです。
まったく復活の兆しが見えませんね…。

ここ最近、自分の手法を
いろいろ試してみてますが、
5月は調子よく、良い結果でした。
+758.7pips(あ、もちろんデモ)

といってもその前の4月は
-221.2pipsとマイナスでした。

トレンドが出ればプラス、
レンジが続けばマイナスという
ある意味王道な手法です。

いかにレンジで小さく負け
いかにうまくトレンドに乗り
利益を増やせるかがカギです。

注文方法などが確立して
楽になってきたので、
しばらく続けてみたいと思います。