このブログはWCtakeさんのメルマガを実践し検証しています→WCtakeさんの無料メルマガとは?
「MT4って何?」という方はこちらのブログで♪

海外FXのXMTradingの評判は?自分で口座開設したあとの使い勝手を報告します

現在、自分が使っているFX口座の
一つが海外FXのXMTrading。

昔はPepperstoneやIronFXなどの
海外口座も使っていたのですが、
金融庁からの圧力?で次々と
日本居住者からのトレードを
終了してしまい、唯一自分が
使っていた海外ブローカーで
残ったのが、このXMTrading(昔はTrading Point)。

国内FXのレバレッジも10倍に
規制されるといった話もありますし、

日本人がまた海外のFXブローカーで
口座を作る人が増えてくると
いずれXMTradingもそうなって
しまわないかと危惧しています。
※2018年6月、レバレッジ10倍規制は見送りされました。

何とか、その辺は個人の自由に
してもらいたいものです。

海外FXのXMTradingの魅力

さて、前置きが長くなりましたが、
この海外ブローカーのXMTrading。

レバレッジ最大888倍

何といっても最大の魅力は
現在の日本では考えられない
レバレッジ最大888倍

もちろん、レバレッジは
取引ロットを大きくして
大きな利益を得ようとするより、
少ない証拠金で、より安全な
トレードを行うためのもの。
(少なくとも自分はそう解釈しています)
そういう意味では888倍も
いらないのですが…(笑)

国内FXのレバレッジが10倍に規制されれば
このメリットはさらに大きな意味を
持つようになります。

口座残高以上の損失は発生しないゼロカットシステム

現在、ほとんどすべての日本の
FX業者では相場が急変した際など、
証拠金がマイナスになった場合、
顧客がその不足分の証拠金を
負担する仕組みを採用しています。

つまり口座残高以上の損失が
発生した場合、その損失を
穴埋めするのは顧客自身です。

XMtradingなど海外のFXブローカーの
多くはその損失分を顧客ではなく
ブローカー側が補填する
ゼロカットシステムを導入し、
顧客は安心してトレードできる
ようになっています。

海外ブローカーって大丈夫なの?

で、一体海外業者に口座開くのって
大丈夫なのかい?といった
心配を持つ方も多くいるのではと思い、
自分が今までに使ってきた印象などを少し。

自分は上述した3つの海外FX口座を
作って取引しましたが、トラブルに
なったことは一度もありませんでした。
出金も日本のFX業者に比較すれば
時間はかかりますが、出金されない
なんてことはありませんでした。

口座を開設したのは数年前の事でしたが、
ネット上に口座開設方法を解説するサイトは
いくつかありましたし、現在はさらに進んで
日本人を積極的に受け入れている
有名な海外FXブローカーでは
ほとんどが日本語のサイトになっており、
自力でも十分、口座開設できるような
環境となっています。

口座開設後のXMTradingの管理画面も
ほぼ日本語なので、戸惑うことは
あまりありません。

<XM 会員ホーム画面>

ましてや入金が完了してしまえば
あとはMT4でのトレードなので、
この管理画面のお世話になることも
出金するまではあまりありません。

問い合わせも日本語でOKですし、
自分も今まで言葉の壁を感じたことは
ありません。

すでに日本人が多く口座開設している
海外ブローカーならほぼ日本人の為の
スタッフも常駐している場合が多く
あまり不満を感じることは
ないのではないでしょうか。

入金はクレジットカードでできますし、
出金は少々時間がかかるものの
クレジットカードと銀行口座への
振り込みとなります。

XMTradingではまだトレード中なので
出金していませんが、
PepperstoneとIronFXでは何も問題なく
出金できました。

口座開設自体は日本のFX業者で
口座をつくるのと大差ないと思います。
現に英語がまったくわからない
自分でも数年前に3つの海外口座を
何も問題なく開設出来ていますし、
数年たった今では、さらに容易に
なっていると思います。

海外ブローカーでFX口座を開設する時に気をつけたいこと

あまり小さな海外ブローカーだと
日本人を受け入れる体制が
整っていない可能性もありますが、
日本である程度認知されている
XMTradingのような海外ブローカーなら
ほぼ問題なく口座開設できると思われます。

とはいえ、海外ですから
何かあった時はすべて、
自己責任になりますので、
そういったリスクを取りたくない方は
無難に日本のFX業者でトレード
した方が良いと思います。

先ほども書いたように
まだ日本人にあまり認知されていない
ような海外ブローカーで口座開設を
する時は特に注意した方が良いと思います。

XMTradingのデメリット

XMTradingのスプレッドは
日本のFXブローカーに比べて
正直大きいので、
スキャルピングには不向きです。

WCtakeさんのトレード手法なら
スプレッドによる影響は微々たるもの
ですので、問題ないと言えるでしょう。

スプレッドが小さく設定されている
XM Zero口座もありますが
取引毎に手数料がかかります。

まとめ

海外ブローカーでFXの口座開設と
トレード自体はほぼ日本のFX業者と
変わらない感覚でできますので、
(トレード自体はMT4なので)
あとは、海外の最大のメリットである
高レバレッジを必要とするか、
ゼロカットシステムという利点を
活かすかが口座開設の判断する
ポイントとなると思います。

興味ある方はぜひトライしてみてください。
ご登録完了までの推定時間は2分(笑)
 ↓
XMTradingのリアルFX取引口座を開設する

  海外FXのXM口座開設時にちょっと悩む箇所~電話番号入力方法
  海外FXのXM口座開設時、取引プラットフォームタイプはMT4とMT5のどっちが良い?
  XM口座開設時の口座タイプの選び方
  XM Tradingのボーナスとは?

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

公開日:2018/02/17
最終更新日:2018/07/18

コメントを残す