「MT4って何?」という方はこちらのブログで♪

長いレンジはチャンス。ブレイクした時にエントリーを逃さない方法は?

レンジ期間が長いとダマシが多く
しょっちゅうロスカットになるので
資金的にもメンタル的にも
痛手が大きい。

自分はロスカットを通常の価格より
100PIPS多く取っているので、
それに引っかかると相当痛い。
連続してかかったりすると、
本当に落ち込み、次のエントリーには
かなりの勇気を要する。

その結果エントリーを見送るのだが、
こういう時に限って大きなトレンドが
発生し、指をくわえて見ている結果となる。

ダマシを恐れることなく
全てにエントリーし、トレンドが出た時に
確実にエントリーしていること

重要になる。

ロスカット値+100PIPSをやめて、
算出されるロスカット値に設定し、
すべて受け入れよう。
トレンド時に確実にエントリー
しているにはそれしかない。

ロスカット幅が大きい場合が
問題だが、ロットを調節すれば良い。

ただ普段最低ロットの取引なので、
調節する幅がない。

普段のロットを倍にするしかないのかなぁ。
ちょっと怖いなぁ。

  • レンジ時のロスカットを出来るだけ小さく
  • 調節できるロット数での(普段の)エントリー
  • レンジ時のダマシを恐れず全てにエントリー
  • 算出されるロスカット値で損切り(+100pipsは取らない)
  • ロスカットまでが大きい時はロット数で調節

理屈は簡単なんだけどねぇ。

「レンジ時のロスカットを出来るだけ小さく」は
一旦、思惑方向に値が進んだら
ロスカット値をエントリー値に
設定するのが良いかも。
先月はこの方法がうまく行って
損失を限定できた。

ただこれも両刃の剣で、
チャンスを逃すことになる場合がある。

エントリー値を超えて一旦
含み損を抱えるけど
最終的にはやはり思惑通りの
方向にブレイクするというケース。

こうなったら諦めるしかない。

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

公開日:2015/10/12

コメントを残す




*