このブログはWCtakeさんのメルマガを実践し検証しています→WCtakeさんの無料メルマガとは?
「MT4って何?」という方はこちらのブログで♪
※当ブログのご利用はGoogle Chromeブラウザをおすすめします。

MT4 RSIを利用したEA(自動売買)作ってみました♪

このブログで過去作成した
EAは未だ結果が出ず、
日に日に損失が大きくなっています(泣)
いつかプラスに転じるのを
今か今かと待っています…。

 ▶ブレイクアウトEA※ボツ決定(泣)
 ▶レンジ相場用EA※ボツ決定(泣)

RSIを利用したEA(自動売買)の作成

さて、今回はRSIを使ったEAを作ってみました。
ちょっとアイデアが変わっている?のは
エントリーではなくエグジットに
RSIを使っているところです。

一般的にRSIは売られ過ぎや
買われ過ぎを示す指標として
使われていると思います。
買われ過ぎたら売って、
売られ過ぎたら買うといった感じ。

チャートを見ていると
RSIが30を下回ったり
70を超えたりするところは
結構、長いローソク足を
つける箇所が多いような
気がするので、これは
エグジットに使った方が
理にかなっているのでは?
と思った次第です。

ではエントリーには何を使えばよいか?

もちろん答えはわかりませんが、
極論を言えば、
何でも良いんじゃないか…(笑)

ということでここは王道の移動平均線の
ゴールデンクロスを使ってみました。
エントリーのきっかけなんて
何でも良いのだ的な…(笑)

MT4のバックテストをしてみると
良くわかりますが、どの期間の
SMAの組み合わせを使うかで
結果は大きく変わります。

結果がプラスの場合はそのSMAの組み合わせを
継続的に使い、マイナス続きになったら
その時のバックテストで良い結果を
出している組み合わせにチェンジ、
といったやり方をしてみようと思います。

デモ口座でのフォワードテスト

デモ口座でフォワードテスト中。

ドル円とユーロドルを
通貨ごとに違うパラメータで運用。
テストではユーロドルとの相性が
良い気がするのだが…。

経過

以下、随時更新。経過を見守ります。

2019/1/16(開始ほぼ2ヶ月経過)

2019/1/16、開始ほぼ2ヶ月で+3%強。
なかなか順調な滑り出し。
ほかの自作EAの結果が悲惨なのに比べて
唯一の優等生(今のところ(笑))。
今は順調な時期か。


なかなか良いなと思うのは、
買いの場合、RSIが70や75を超えた
ところ(売りの場合は25や30)で決済
するので、含み損の時でも戻ってきてから
決済をすることになる点。
そのまま放置していれば利益になる場合も
あるけれど、それはまあ、ご愛嬌。
先の事はわからないからね。
戻らず、ずーっと落ちる時もあるけど(笑)。
※上記チャートのユーロドル前半部分参照

2019/3/16(開始ほぼ4ヶ月経過)

2019/3/16、開始ほぼ4ヶ月で+5%弱。
一度、大きく利益を減らしたので、
パラメータを変えようとしたところ、
何とか持ち返しまた過去最高益近くまで伸びてきた。
ちょっとこのまましばらく様子を見ようと思います。

2019/4/1更新

2019/4/1、ドル円が続けて大きく
損失を出したので、パラメータを変えることにします。
今までエントリーのタイミングに使っていた
SMAの50と200を、直近3ヶ月でのバックテストで
成績の良い10と250に変更して
しばらくやってみようと思います。

2019/5/21(開始ほぼ6ヶ月経過)


ここ数日、調子が良いようです。
一時+1.85%まで落としたものの
現在+3.76%まで戻してきました。
過去最高が+5%を超えていたので、
ずいぶんと落ちてしまいまいましたが、
再度、踏ん張ってほしいものです。

2019/6/19(記録更新)


調子の良い期間が続き、
ついに過去の記録を更新。
海外口座のXMtrading
現金がなくクレジットだけ残った
口座があるので、ここでリアル運用
してみようと思います。
レバレッジが888倍なので、
ほんの少しの資金があれば
トレード出来るため、
資金の少ない自分には
本当に助かります(笑)。

<後日追記>
調子こいて6月最終週より
上記以外のリアル口座2つで
EAを運用しはじめました。

2019/8/19更新


前回、記録更新してから
途端に利益を減らし始めてしまいました。
8月連休が挟まったのが
悪かったのかもしれない。
パラメータを更新し継続です。

  • USD/JPY:短期SMA 150、長期SMA 550
  • EUR/USD:短期SMA 50、長期SMA 150
このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

公開日:2018/11/26
最終更新日:2019/08/19

コメントを残す