「MT4って何?」という方はこちらのブログで♪

XMtrading口座開設時の口座タイプの選び方

海外FXのXMtradingで
口座開設をする時に
選択する口座タイプ。
どの口座が良い?

XMtrading口座開設時の口座種類

2018年2月現在、

  • マイクロ口座(1 lot=1,000基本通貨)
  • スタンダード口座(1 lot=10,000基本通貨)
  • XM Zero口座(1 lot=10,000基本通貨)

の3種類があります。

  取引口座タイプ詳細はこちら

マイクロ口座とスタンダード口座は
スプレッドのかかるいわゆる普通の口座。
どちらの口座でもスプレッド自体に
差はないようです。

対してXM Zero口座はスプレッドが小さく
設定されている(最小スプレッドが0/ECN)
代わりに取引毎に手数料がかかります。

3種類の口座で1 Lotの基本通貨が違いますが、
どの口座でも1,000通貨からの
取引が可能です。

マイクロ口座とスタンダード口座のスプレッド

先ほど実際に自分が使っている
口座(マイクロ口座)でスプレッドを
確認したところ(2018/2/19 15:08時点)、

  • USD/JPY 1.6pips
  • EUR/USD 1.8pips
  • EUR/JPY 2.8pips
  • GBP/JPY 3.3pips

といったスプレッドでした。

国内のFX業者と比較すると
見劣りするかもしれませんが、
海外FXブローカーの最大の利点は
高レバレッジですので、
(国内25倍に対しXMの場合は最大888倍)
スプレッドにこだわる場合は、
国内業者の方がおすすめです。

マイクロ口座とスタンダード口座、どっちを選ぶ?

マイクロ口座とスタンダード口座の
どちらが良いかですが、
スペックにおいてほとんど差がないので
お好みで大丈夫そうです。

マイクロ口座は1 Lotが1,000通貨なので、
国内のFX業者などを使い慣れていると
1万通貨のつもりで0.1 lotで取引したら、
実は100通貨だった、などと
間違える可能性もあるので、
スタンダード口座の方が使い勝手は良い
のではないかと思います。

自分はマイクロ口座ですが、
慣れてしまえばそれほど問題は
ないように思います(笑)

XM Zero口座とは?

対してXM Zero口座は先述したように
スプレッドが小さく設定されている
(最小スプレッドが0/ECN)
代わりに取引毎に手数料がかかります。

手数料がかかってもスプレッドが小さいため
基本的にコストは抑えられますが、
XM Zero口座は入金ボーナス対象外なので
マイクロ口座やスタンダード口座のように
入金すると〇〇ドルのボーナスといった
特典はありません。

まとめ

入金ボーナスなどお得な特典に魅力を
感じるならスタンダード口座。
少しでも取引コストを抑えたいなら
XM Zero口座が良いと思います。

  海外FXのXMTradingってどうですか?

このブログでは「WCtake FX投資トレード手法」を実践しています。

公開日:2017/10/24
最終更新日:2018/03/19

コメントを残す




*